孕み神と憑かれた姪~女性が選ぶじゅんじゅん♡エロ漫画

エロ同人サークル、ヨールキ・パールキ!

私はイラストのタッチがすごく好きでこれまでの作品もかなりチェックしてますが、

これまたすごく良かったので早速レビューしますっ!

▼▼こちらが「孕み神と憑かれた姪」ですっ▼▼


↑↑画像をタップ↑↑

孕み神と憑かれた姪の見どころは?

まず主人公の女子高生が超かわいい!

女子高生とは言え最初のシーンから妙に大人っぽい雰囲気と、謎めいた表情に惹き込まれます。

そして、孕み神という目に見えない神の存在!

孕み神のせいで狂ったように性欲が溢れ出し、それを一人で処理する健気な女子高生

ゆいが孕み神に憑りつかれていることを知った後は、ゆいのためにいつでも性欲処理を担当するイケメンの叔父

この叔父さんも超イケメンだし、理性と本能の狭間で揺れるいい人感!

優しくゆいの性欲を処理するシーンも丁寧に書き込まれていて見ごたえたっぷりだけど

いざ、挿入!

の時の、叔父さんとゆいと孕み神の3Pみたいなセックスシーンが最高にエロイ!

見えざる何かとの3P…。

その何かがエローーーく動く触手の様子に更にじゅんじゅんする♡

 

キレイで丁寧なエロシーンと、女子高生のアヘ顔も何度みてもいい!

 

\可愛い女子高生が乱れまくる?!/

孕み神と憑かれた姪を今すぐチェック>>

試し読みは会員登録不要です♪

 

 

>>無料で読む方法詳しくはこちら♪

孕み神と憑かれた姪のあらすじ

▼▼憑かれたJKがおねだり▼▼


↑↑画像をタップ↑↑

 

公式あらすじ

両親が亡くなったため、叔父と一緒に暮らす女子高生のゆい。

ある日を境に身体が【何か】に弄ばれ、夜な夜な発情するように…

そして叔父を見るとその性欲が激しくなり、我慢できないほどになっていく。

【何か】の正体は村に古くから伝わる孕み神だった!

孕み神は女性を孕ませることを目的に女性の性欲を掻き立てる…

そして、孕むまでその性欲は収まることがない。

そんな孕み神を静めるために、叔父ができることは…?!

ヨールキ・パールキの繊細な美しいタッチでエロ度MAX。

孕み神という得体のしれないものが登場しますが、グロさはないで~す。

1巻完結で抜くにはもってこいのボリューム。

キレイなタッチでイケメン叔父さんも出てくるので女性にもおすすめのエロ漫画ですっ!

 

おすすめ度:

得体の知れない【それ】が弄る

 

作者 ヨールキパールキ
配信元 BookLiveコミック、FANZAなど
話数 1巻完結(BookLiveコミック5話完結)
1巻配信価格 990円
1話配信価格 88pt(≒88円)BookLiveコミックのみ
出版社 KATTS

各話紹介

第1話 叔父さん…たすけて

第2話 孕み神の鎮め方は…

第3話 これから子作りセックスするよ…

第4話 孕み神を宿す膣内で萎えることなく何度も…

第5話 一度外れてしまった箍は戻ることなく…

孕み神と憑かれた姪のネタバレあらすじ

幼いころに母親を亡くし、高校生で交通事故により父親を亡くしたゆい。

父親の弟にあたる俺はゆいを引き取って一緒に暮らし始めた。

それなりに仲良く過ごしていたと思っていたのだが、この頃ゆいがやけによそよそしく様子がおかしい。

ある晩、ゆいの部屋にふと目をとめたオレは、激しく自慰に耽るゆいを見てしまう。

子供の頃から知っていた姪だったが、初めて女として見たオレは

血がつながっている姪に欲情してしまった背徳感の中、ゆいが寝てしまった後自分を静めていた。

そんなことがあって、ついつい意識してしまいながらも、ゆいに気づかれないようにしていたのだが

ある日、どうすることもできない疼きに倒れ込んだゆいは、貪るようにオレのチンポを扱き出した。

 

 

「だめだ・・・こんなこと・・・」

そう思っているのに、ゆいは手を止めるどころかどこで覚えたのか俺が気持ちよくなる術をしっていて

嫌らしい表情でついにはフェラを始める。

 

「そ、そんなことされたら・・・」

「あ~!!出るぅ~」

とうとうゆいの顔面に射精してしまったオレ。

 

ゆいは精液を飲み干した後、ゆっくりとこんなことをしてしまった事情を語り始める。

 

家の近くの神社で猫と遊んでいたら、身体の中に【何か】が入ってきて、

その日から夜な夜なその【何か】が身体中を弄りどうしようもなく気持ちよくなって・・・

そして、叔父さんを見るとお腹が変な感じになって・・・。

 

そんな事情を聞いた俺は、病気や呪い、言い伝えなどあらゆる方面からゆいの症状の原因を探した。

 

それでも原因は分からず、ゆいが【何か】によって刺激され我慢できない程興奮すると、

その興奮を抑えるため、ゆいの熱を静めることが日課となった。

ゆいの熱を静めるための行為によって、ゆいはどんどん開発され

ますますいやらしくなっていく・・・。

 

そんなある日、オレは村の老人宅で【孕み神】についての文献を見つけた。

ゆいが遊んだ神社は子宝の神様が祀られ、そこには【孕み神】が済んでいて

【孕み神】に憑かれたものは孕むまで狂い続けるということだった。

 

事情を知った俺はゆいにその事実を告げ、解放されるには孕むしかないことを伝えた。

どうしても孕む必要があるのならば、付き合っている男や好きな男がいいだろうというと

「おじさんが好きだった!孕み神のせいじゃなくて、叔父さんが好き!」

ゆいはそういうと、「叔父さんに孕ませてほしい」と懇願した。

それまで一線を守ってきたオレだったが、ついにゆいと一つになる覚悟を決めた!

 

ゆいとのセックスは孕み神の触手のようなものも相まって

想像を絶する気持ち良さだった。

ゆいも、これまでとは全く違う快感を味わい、二人はいつまでもセックスをし続けた。

 

そして何度も何度も精液を流し込みついにはゆいは・・・

得体の知れない【それ】と一緒にセックス

▽▽今すぐタップして試し読み▽▽


お得に全話読む方法はこちらも参考にしてくださいね↓↓

「孕み神と憑かれた姪」が一番お得に購入できる配信サイトは?「孕み神と憑かれた姪」を一番安く購入できるサイトと、更にお得に購入できる方法をご紹介しています。 浮いた分で別のヨールキ・パールキ作品も買えますよっ!...

孕み神と憑かれた姪を読んだ感想!

ホント、エロかった。

何度読んでもじゅんじゅん♡

 

ヨールキパールキのイラストはホントに細部まで美しくてもうホント、目が離せない。

 

【孕み神】っていうオカルト的なものがセックスに直接絡んで出てくるのはストーリーの後半部分です。

 

孕み神の存在が分かって、もうこれは孕ませるしかない!

ってなってからのセックスシーン。

 

半透明に描かれるその物体にグロさはなくて、

ただもう想像するに、バイブだのの器具が自分で勝手に動いている感じ?

(まさに、お掃除ロボットのように自分で勝手にいいところを刺激してくれる感じ?)

 

その物体は先端が吸盤のような形状になっていて、

乳首やクリトリスに吸い付くように刺激している。

 

あの触手のような孕み神の動き…

オナニーの必需品バイブにもそんな動きはできないでしょう。

憑りつかれてみたい…。

夜だけね(笑)

一日中憑りつかれちゃったら世の中の男性とやっちゃうよ。

 

とにかく、その物体と叔父さんのチンポでゆいを犯しまくるようなシーンはエロさMAX。

これはもう何度見ても気持ちいい・・・・

 

さすが、ヨールキ・パールキですね!

要チェーーーーック!!!

 

\触手に犯される女子高生が見たいなら/

今すぐチェック>>

試し読みは会員登録不要です♪

 

 
★「地獄に堕ちても逝きたがり」BookLive!コミックでの配信が開始されました!
「地獄に堕ちても逝きたがり」感想全話あらすじも見てね!

error: Content is protected !!